ホーム | 店舗一覧 | コンセプト | サービス一覧 | ご利用方法 | ご利用ルール | よくあるご質問 | お問い合わせ | 会社概要

ビューン読み放題

ニコニコ@ネットカフェ

交通系電子マネー

楽天Edy

Wi-Fi



トップ > 映像化コミック

作者
松浦だるま
出版社
講談社
公開日
2018年9月7日より実写映画公開
出演者
土屋太鳳、芳根京子
HP
http://kasane-movie.jp/

醜い顔を持つ少女・淵累は、今は亡き伝説の女優・淵透世の娘であるが、亡き母とは似ても似つかない容姿が原因で、周囲の人間から心無い仕打ちを受け続けてきた。しかし母が遺した「口紅」に「他者と顔を入れ替える力」があることを知り、その力を使って舞台に立つ機会を得る。そして母譲りの演技力を発揮し、芝居の楽しさや美貌から得る喜びを覚えると同時に、母も他人の顔を奪い生きていたと直感する。やがて母の協力者・羽生田釿互と出会った累は、彼の協力の元、無名の美人女優・丹沢ニナの顔を奪い女優として活躍していく。。。

透明なゆりかご

作者
沖田×華
出版社
講談社
出演者
清原果耶、瀬戸康史、水川あさみ
公開日
2018年7月テレビドラマ化
HP
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=14154

准看護学科に通う高校生だった作者が看護師見習いとして産婦人科医院に勤務した実体験をもとに、産婦人科の残酷な実情や母性について描く。もともと医療ものの作品が好きで、特に出産・妊娠を描いた作品に「色々な困難があったけれど、産んだら皆幸せ」という結末となるものが多いことに長く違和感を感じていたという作者が、「産婦人科は命が生まれるだけの場所じゃない」と幸せな出産の裏側でひっそりと日常的に進行する妊娠中絶やDV、性虐待といった事例にも焦点を当て、産婦人科の光と影を描く。

聲の形

作者
大今良時
出版社
講談社
公開日
2016年9月17日よりアニメ映画公開
HP
http://koenokatachi-movie.com/

「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位
聴覚の障害によっていじめを受けるようになった少女・硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲に切り捨てられ孤独になっていく少年・将也の2人の触れ合いを中心に展開し、人間の持つ孤独や絶望、純愛などが描かれる。